投稿日:

10月7日発生の地震について

10月7日午後10時41分ごろ発生した地震による、たちばなの里のご入居者様、職員、建物等への被害はありませんでした。

8日はいつも通りの朝を迎えられ、普段と変わらない様子で皆様お過ごしです。

地震に驚いたご入居者様もいらっしゃいましたが、ニュースを見て「余震に気をつけなきゃね」とお話ししてくださいました。

ニュースや報道を見ていると、怪我をされた方や交通機関の乱れによる影響を受けた方も多くいらっしゃるとのことです。

まだまだ心配が続きますが、余震等に注意しながらご入居者様の生活に寄り添っていきたいと思っております。

投稿日:

食べて涼しい☆かき氷行事☆

こんにちは!8月は猛暑の毎日でしたが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?猛暑猛暑の太陽ギラギラ・・・あ、暑い・・。そんな日はつめた~い!かき氷出番ですよね。今年も美味しくて冷たくて甘~いかき氷を皆様にご提供いたしました。

メニューはというと、◎いちご◎メロン◎ブルーハワイ

どれも食べたくなりますね!皆様迷いながらも好みのお味を選んでいただきました。手動型や電動型の氷機どちらもフル稼働して、職員は氷を削って削って氷職人になりきって作っています。

そして、出来上がりはたちばなの里特製オリジナルかき氷!!これは、インスタ映え間違いなしですね(笑)

「自分で作って食べるかき氷もなかなか美味しいわね。」「早く食べないと溶けちゃう!」と、ご好評頂きまして。ミキサー食のご利用者様にも咽に気をつけながら食べていただきました☆

作って楽しい。食べて美味しい。そんな暑さ忘れるちょっぴりひんやりした真夏のひとときでした☆☆☆

たちばなの里 行事広報委員会 広報班 栗田  浩平

投稿日:

納涼!コロナ&暑さ忘れてたちばなの里式!~流し素麺~

毎年この時期は流し素麺を行っているのですが今年はこんなご時世ですので・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

な~んて、おとなしく過ごす訳にはいきません!!

これをやらなきゃ夏は始まらない!「暑さなんかぶっ飛ばせ」を合言葉に今年も流し素麺を行いました。

今年は竹の角度は緩やかに、そしてより長くすることで流れている素麺がご利用者さま側から見やすくなるようにセッティングしました。

さぁ、準備完了ですよ。皆さんお待ちかね!今年も施設長の挨拶で「いただきます!」

 

うまく素麺をキャッチ出来ると、思わず声を張り上げて楽しんでいました。

あれ?コロコロ転がってくる美味しそうなゼリーとか(笑)なんだか可愛らしい光景ですね。これも流し素麺ならではの醍醐味ですよね☆

「皆さん、お味いかがですか~?」

  

ん~!このツルッとした喉越し。冷たくて美味しくて!笑顔いっぱい!

おかげさまで、ご利用者様からは「昔はよくしたわ。懐かしい・・」「夏に食べるお素麺は格別ね!」とご満足なお声をいただきました。

密を避けるために、ソーシャルディスタンスや少人数体制など気を配りながらの開催となりましたが、早くコロナが収まって皆さん揃っての素麺行事が楽しめるよう心から願います。

たちばなの里 行事広報委員会 広報班 栗田 浩平

ワクチン接種終了と「ガラス越し面会」再開のお知らせ

日頃から、当施設への深いご理解とご協力を頂きまして有難うございます。

面会に関して皆さまにご理解とご協力いただき、入居者の方々、職員共に新型コロナに倒れることなく日々過ごすことが出来ています。心より感謝申し上げます。

新型コロナ感染症の為のワクチン接種も入居者の方々、職員共に予定していた人員は無事接種終了いたしました。血圧の上昇や降下、熱発と入居者、職員共に多少の変化の訴えはありましたが、副反応によるもので特に大事に至りませんでしたのでご安心ください。

新聞やニュースではオリンピック開催と第5波への懸念が報じられております。まだまだ安心できる状況とは言えませんが、ご入居者の皆様のご家族への思いを考えワクチン接種を節目として「ガラス越し面会」を再開いたします。ご面会は完全予約制とし、予約方法や注意点などは7月にご家族様へお手紙を送付させていただいておりますのでご確認くださいませ。

神奈川県でもここ数日、新規感染者が激増していることから「神奈川版緊急事態宣言」を7月22日から発出し、東京都が行っている緊急事態宣言と同等の措置を講じるとされています。

しばらくの間、たちばなの里の面会方法は「ガラス越し面会」と「LINEビデオ通話」のみとさせていただき、神奈川県の動向や近隣地域の状況を考慮しながら検討してまいりますのでご理解ご協力の程お願い申し上げます。

新型コロナワクチン接種について

日頃から当施設への深いご理解とご協力を頂きましてありがとうございます。

先般、新型コロナワクチン接種について各種情報が出ておりますが、たちばなの里におきましては、5月16日(日)から順次、接種を開始することとなりました。

当日は安全第一に行いたいと思います。よろしくお願いいたします。

投稿日:

山菜を楽しむ会

緑のそよ風が吹く空の下、たちばなの里の屋上では恒例行事でもある山菜料理を楽しむ会を開催致しました。具材である山菜は前施設長である齊藤洋子様とスタッフが直接秦野の山まで採りに行きました。そして立派な山菜たちと出会い沢山採れました!

 

又、加藤施設長と管理栄養士さんにより、色鮮やかな揚げたての天ぷらを用意して下さいました。春らしく華やかに香りと彩りの良い山菜の天ぷらが出来上がりました。

さぁ、皆さまお待ちかね。屋上では楽しみに待っておられたご利用者様方より「山菜の天ぷらなんて久しぶりよ」「楽しみだわ~」とのお声があちらこちら聞こえてきます。

そして、目の前に山菜天ぷらとお弁当が現れると皆様の目が本当にキラキラ輝いていました。皆様、夢中になって美味しそうに召し上がっております。

「美味しいですか~」の問い掛けに「最高」とニッコリ笑顔

  

ご満悦な様子ですぐに完食!「ご馳走様でした!」

コロナにより外に出る機会が限られる中、施設の屋上で景色も眺めて心地よい春の陽気で気持ちも朗らかになって。今年も無事にこうして笑顔で美味しい山菜を召し上がることが出来ました。また来年も皆と一緒に美味しい山菜の天ぷらを食べたいな。

令和3年5月 たちばなの里行事広報委員 広報班 栗田 浩平

投稿日:

桜だより・たちばなの里

4月に入り暖かい日が続いて、桜も満開でお花見日和が続きました。新しい季節、春の到来を感じます。新型コロナウイルスの影響により、多くの介護施設で外出レクリエーションを自粛せざるを得ない状況となっております。数多くある季節行事の中でも特に人気のある「花見」を自粛しなければならない中、施設にいながらでも桜を届けたいという思いから今回お花見会をしました。

  

当施設の周辺には、立派なソメイヨシノの桜が咲き誇ります。この時期には、毎年お花見のドライブに出かけますが、コロナの事情により室内やエントランスから桜を眺める形となります。それでもエントランスや窓から見える大きな桜は立派です。

 

桜を眺めながらご利用者様は、お茶やお菓子で寛ぎつつ春を楽しみました。お天気に恵まれ、「満開の桜にすごいね!」と嬉しそうでした。満開の桜を見て春の訪れを感じられる一日になりました。お花見をしながら、また桜と一緒に記念撮影をしましょうね

令和34月 行事広報委員会・広報班 栗田浩平

 

投稿日:

春行事・ひなまつり

もう春ですね。春になってくるとあちらこちらからひな祭りの音楽が流れてきます。皆様はいかがお過ごしでしょうか?33日の 『 雛祭り 』 を迎え、たちばなの里ではロビーにて立派な雛壇とかわいらしいお雛様の飾り付けが行われました。

今日は楽しい雛祭り~お雛さまは何年経っても綺麗なお顔をしていますよね!通るたびにご利用者様は立ち止まって綺麗なお雛様を眺めていました。

せっかくなので迫力ある雛壇を背に、撮影会を実施!皆様。笑顔でにっこりポーズ。はい!チーズ♪(*^^)v

 

皆様素敵なナイススマイルな表情頂きました。

大きなひな人形は時代とともに飾るご家庭が減ってきているようで、たちばなの里の七段飾りは、毎年大変好評をいただいております。雛人形を背にご利用者様を御守りし、職員一同、一刻も早い新型コロナウイルスの感染の終息および当施設内での感染の無いよう一層気を引き締め感染症予防に努めた運営を行って参りたいと思います。

 

たちばなの里 行事広報委員会 広報班 栗田浩平

投稿日:

たちばなの里 節分行事

今年もたちばなの里に鬼たちが暴れにきました(笑)

この節分に欠かせない鬼ですが、皆様は鬼の正体ご存じでしょうか?鬼は邪気や寒気の象徴との事です。昔から災害や病などは鬼の仕業とされていました。鬼に扮した職員に豆をぶつけて厄払いをしていただきます。一年間の幸福を願って、節分に鬼を払うようになりました。

「鬼は外、福は内」ではなく今年はコロナの影響により、たちばなの里では「鬼はコロナ!」とさせていただきました。掛け声で豆まきを楽しみ、新たな一年が無病息災で幸せに過ごせるよう願います。

さぁ!「鬼はコロナ! 福は内!」利用者様の大声がフロアに響きました。

 

ご利用者様が大きな声でまく豆ならぬ紅白玉に、怖い鬼もたまらず降参・・・。

このときばかりはと、思いを込めて「コロナを吹っ飛ばせ~!」

玉も当たると結構痛いものです・・・。(笑)鬼さんお疲れ様です。

 

皆様、生き生きと元気よく、そして楽しい節分となりました。

豆と共に「平穏な日々が戻りますように」と願いを込めて・・・。

令和3年2月 たちばなの里行事広報委員会 広報班 栗田 浩平

富士は日本一の山~♪

一枚の貼り絵作品。ここは一体どこでしょう・・・?

皆様、すぐに想像出来ますよね。知らない人はいない。日本一高い富士山と河口湖です。

冬の1月、2月は空気が澄んでいて晴天率も高く、綺麗なダイヤモンド富士を見られる確率が高いそうです。今回、たちばなの里ユニットのご入居者様を中心に冬の富士山を貼り絵で大型の作品をつくりあげました。絵の用紙はサイズが大きく、一長一石ですぐには出来上がりません。計画的に少しずつ取り組める時にゆっくりと仕上げました。

3人で貼り絵をしている時は、お互いの役割分担、分からない時は教え合い、集中して丁寧に貼り上げていました。出来上がると、本当に立体的に美しい綺麗な富士山とそこに舞う鶴、澄み渡った河口湖が表現されています。黄色い雲海がまたなんとも言えないですね。

この美しい作品は、たちばなの里エントランスに飾られています。お立ち寄りの際はぜひこの素晴らしい富士山をごらん下さいませ。

令和3年2月 行事広報委員会 広報班 栗田 浩平