投稿日:

☆年の締めくくり!クリスマス会☆

「ジングルベールジングルベール鈴が鳴る~」あれ?この歌といえば・・・?そう、クリスマスの歌。昨年末に行った、クリスマス会の様子をご紹介します。

聖なるたちばなサンタが皆の前に現れると、「わぁ。サンタだ!」笑顔で出迎え。「サンタに会えて嬉しいよ~」と抱きついて喜んでいたり、一緒にクリスマスソングを歌ったりで、とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました!

   

サンタからのプレゼントタイムでは、ご利用者様は嬉しそうにプレゼントを抱えて中身を確認しています。「サンタさんから何をもらいましたか~?」と問い掛けに「えへへ。秘密☆」と照れている可愛いご利用者様もいらっしゃいました。

   

今年も崎村調理師学校の生徒さんが来訪してくださり、コロナを配慮してご利用者様と対面形式ではなく、今回は館内放送でケーキの紹介、思いを述べられました。お待ちかねのケーキが登場すると「おぉ~!!」と盛り上がります。真心込めて作ったクリスマスケーキ。写真を撮っている私も思わずとっても美味しそう~っとつぶやいてしまいました。

   

皆様、子供の頃に戻ったような感覚で笑いあり、サプライズありの充実した素敵なクリスマス会を過ごしました。

昨年はコロナで辛い一年でもありましたが、年末には笑顔を忘れずに締めくくる事が出来ました。今年も皆様と一緒に楽しいイベントを盛り上げていきたいと思います。

行事広報委員会 広報班 栗田浩平

投稿日:

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。今年春から施設長の職に就かせて頂き、初めてのお正月を迎えました。

入居者の皆様、そしてご家族様と共に、新型コロナウィルスに立ち向かってきた一年でした。会いたい人に会えないつらさ、会わせてあげられない切なさ。その中で私たちは何ができるだろうと考え続けた日々でもありました。感染者を出さずに新年を迎えられたのは皆さんの協力、ご理解があってこそです。そして、職員も大きな不安を抱えながらも頑張ってくれています。新米施設長としては感謝の言葉以外ありません。ありがとうございます。

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った

 私の好きなこの一行詩への思いについて以前お話をしたことがあります。樺太とユーラシア大陸の間にある壮大な海峡をひらひらと飛んでいく蝶蝶は波間に漂う流木に止まり、休息をする。長い長い人生の先には春が待っていなければなりません。友と夢を語らい、時に悩みながらも仕事に力を注ぎ、子を社会に送り出し・・・

たくさんの波を越えながら働き、生きてこられた大切な方を春の花々にたどり着いた蝶と思い、あたたかくお世話したい。その思いに寄り添いたい。たちばなの里はこれからもそのような施設でありたいと思っています。

今年もご利用者に寄り添うあたたかい介護を忘れずに、職員一同、「もう一つの家族」として努めてまいりますのでどうかよろしくお願いいたします。

令和三年元日 施設長 加藤 洋子

 

 

投稿日:

コロナに負けるな!お祭り秋祭り!!

新型コロナウイルスの影響により、全国各地のお祭りや花火大会の多くが中止・延期される中、今後のイベントの開催可否について改めて検討する主催者や自治体が増えてきています。オンラインとリアルを織り交ぜながらの祭りの開催、ドライブインでの鑑賞といった人混みを避ける方法で開催など、各地で新たなカタチでのお祭りが産み出され始めました。

たちばなの里でも「お祭りでご利用者様に元気になってほしい」と、職員一同さまざまな工夫を凝らしながら今年もささやかながら秋祭りを開催致しました!

そんな願いもあってか、祭り当日の天気は、気持ちの良い秋晴れ!職員は祭りのハッピを着てお祭り気分!着ぐるみや御化粧をして、中にはピカチュウに変身している職員もいたりして・・・(笑)思い思い職員も楽しんで準備に取り掛かりました。(*^^*)

  

  

屋台では「焼き鳥」「大根の味噌田楽」「わたがし」「お好み焼き」「冷え冷えノンアルコールビールにジュース」と盛り沢山!ご利用者様が到着してソーシャルディスタンスを守りつつ、一人ずつ屋台に出向く時には「焼き鳥のあのいい匂いが~」と食べる前からワクワクドキドキ☆「室内で行う屋台も風情があっていいね!」「お昼から冷えた美味しいビールが飲めて幸せだよ」「この大根柔らかくて美味しい!」と皆様大満足のお言葉連発!お食事はロビーでゆっくりと味わいながら召し上がられておりました。

  

「今年も無事、お祭り開催できて良かったね。」とお声掛けがあった際は、心から開催して良かったという思いが込み上げてきました。

小規模ながらも職員の思いがこもった温かな秋祭りを今年も無事締めくくることが出来ました(*^^)v

来年もコロナの終息を願いつつ、次回もたちばなの里のお祭りを皆様に楽しんでいただけたらと思いました。

行事広報委員会・栗田浩平

投稿日:

「ガラス越し面会」中止のお知らせ

日頃から、当施設への深いご理解とご協力を頂きまして有難うございます。面会に関して今年の2月から皆さまにご理解とご協力いただき、入居者の方々、職員共に新型コロナに倒れることなく日々過ごすことが出来ています。心より感謝申し上げます。

「対面面会」の中止からまだ1カ月経過していません。それでも新規感染者数の増加は止まず、東京では再び500名、重傷者数も依然高い水準です。神奈川県でも200人を超す新規感染者が出ています。日本医師会では感染拡大のために心臓やがんなど他の疾患での命を守る医療体制が崩れ始めている地域もあり、師走は正念場でもあると述べています。

たちばなの里での「ガラス越し面会」はご承知の通り、正面玄関を活用しての面会です。東京・大阪・神奈川だけではなく、全国的に高齢感染者増、重症者増を考えると、安全第一を考えて、施設でも年末年始は正念場と判断いたしました。本来なら楽しいはずのお正月の面会も今回は断念せざるを得ません。苦渋の決断ではございますが、ご理解いただければ幸いです。「LINEのビデオ通話」は従来通り3日前申し込みの完全予約制で継続致しますのでご利用ください。ご入居者様のご様子はできる限りお伝えしていく所存でございます。電話でのお問い合わせもお受けいたしますのでご活用ください。「対面面会」や「ガラス越し面会」が再開できる時が来ましたら、改めてご連絡させていただきます。

インフルエンザと新型コロナを前に、寒さもいよいよ本番です。ご家族様におかれましてもどうか体調を崩されませんようご自愛ください。

投稿日:

新型コロナ感染症予防を踏まえた「対面面会」中止のお知らせ

日頃から、当施設への深いご理解とご協力を頂きまして有難うございます。皆さまのご理解とご協力のおかげで、入居者の方々、職員共に新型コロナに感染することなく、毎日を過ごすことが出来ております。10月から導入した「対面面会」においては、入居者の方々やご家族様の笑顔に私たち職員も日頃の不安も和らぎ、気持ちが温まる思いで対応させていただいておりました。

しかし、昨今の報道で皆さまご承知の通り、東京・北海道・大阪で感染者が急激に増え、神奈川県でも一日の感染者数が100人を超える日も見られています。日本医師会が「第3波と考えていい」と発信しているように、全世代に感染者が急激に増えている状況です。インフルエンザと新型コロナの両輪に巻き込まれないよう感染症対策を継続している高齢者施設にとっては非常に不安な事態を迎えています。

そこで、延長して行ってきた「対面面会」を残念ながらここで一旦中止とさせていただきます。いつまで続くかわからぬ安全対策ですが、不幸な感染者を出さぬためとご理解いただければ幸いです。「ガラス越し面会」と「LINEのビデオ通話」は従来通り3日前申し込みの完全予約制で継続致しますのでご利用ください。ご家族様におかれましてもどうか体調を崩されませんようご自愛ください。

たちばなの里 施設長 加藤洋子

投稿日:

塗り絵コンテスト

すっかり秋らしく、暑い日も少なくなりましたね。これから肌寒い季節となりますが、緑の葉が色づき綺麗な紅葉になるのも楽しみです。季節の変わり目、皆様体調にはお気をつけ下さい。

さて、新型コロナウィルス感染症予防のため自粛生活が続く毎日ではありますが、たちばなの里では、初の試みでもある塗り絵コンテストを実施致しました。お題を決めて共通のテーマを施設全体のご利用者様に取り組んでいただく、参加型コンテスト開催となりました。日頃の塗り絵に取り組んでおられるご利用者様にとっては、お気に入りの作品を発表する絶好の機会となります。今回のテーマは秋らしく「もみじ」となりました!

塗り絵と色鉛筆を渡すと嫌な顔をされたり、手に力が入らないからと断る方も多いのですが、職員と一緒に塗り絵をしたり、「ここ塗って下さい」とお願いすると段々とご自身で塗っていかれます。そんな様子を写真に撮ろうとしたら気付かれてしまいました(^_^;)

ピタッと手を止めてしまったかと思いましたが、「上手く塗れているかしら?ここは何色にした方がいい?」と楽しそうに聞いてこられました。「ちょっとここはどうやって塗ろうかな?」と迷われているご利用者様がいたら職員も一緒になって考えて「こういう塗り方もありますよ。」と優しく寄り添ってアドバイスします。ご利用者様同士で互いに教え、助け合う姿も見られました。仕上がりが近くなると、あと少しだ!と皆様一生懸命に集中していましたね。(*^_^*)

塗り終えたという達成感で笑顔いっぱいのご利用者様もいれば、もう少し出来たかな?と向上心の強いご利用者様まで。皆様いざ取り掛かると配色や立体感の出し方などで考えてしまい、改めて塗り絵の奥深さを実感致しました。一つ一つの作品にご利用者様のそれぞれの思いや性格が表現されていて素敵な作品となりました。(*^^*)

  

完成した塗り絵は投票結果により表彰させていただきます!ご好評につき、次回も塗り絵コンテストを開催したいと思います。(^^)/

令和2年10月 行事広報委員会 広報班 栗田 浩平

新型コロナ感染症予防を踏まえた面会禁止緩和の継続について

日頃から、当施設への深いご理解とご協力を頂きまして有難うございます。厚生労働省からの提示があり面会禁止の緩和を行い、10月を限定的な対面式の面会期間として多くのご家族様にご来所いただきました。ご入居者様の中には久しぶりの面会にうれし涙を流される方、お菓子や衣類などをたくさん頼まれる方など様々な反応がありました。ご入居者様にとって安心した時間を過ごしていただけたと思います。

ご家族様と笑顔でお話をされているご入居者様を想うと早く平常に戻したい気持ちがありますが、これからの季節は新型コロナに加えインフルエンザの脅威との戦いも念頭に置かなくてはなりません。施設で検討を行い、10月に実施していた対面面会を11月も継続して行いたいと考えております。さらなる感染症対策を行いながらになりますので、ご家族様にはご不便をおかけし申し訳ございませんがご協力をお願いいたします。実施にあたっては9月30日掲載の「対面面会の流れ」を参照願います。※たちばなの里からのお知らせに投稿しております。

この面会禁止の緩和は近隣の感染者等の状況、国や県の動きによってご入居者様の安全のために、やむを得ず「原則面会禁止」の対応に戻る場合もございますので、恐れ入りますがご理解いただきますようお願い申し上げます。

投稿日:

川口文雄さん日記 ~焼きそばを作る~

「今日は皆様と一緒に焼きそばをやりました。4階の人たちが大変喜んでいた顔を見ましたら、私自身も嬉しくなりました。職員の方は、準備するほか大変だと思います。皆さんと話をし、これからも色々なことをしていきたいと思っています。自分より先に生まれた方々の喜ぶ様子を見て、もっと大事にしてやらなければと思いました。自分も負けずに勝たなければと。4階の皆様は気持ちのよい人ばかりです。これからも一日一日楽しくやっていきたいです。」

 

 

投稿日:

秋の癒しのコンサート

天高く馬肥ゆる秋、皆様いかがお過ごしでしょうか。真夏の暑い日差しは影を潜め、心地の良い秋風を感じる過ごしやすい季節となりました。読書の秋、スポーツの秋・・・また、収穫の季節でもありますね。 そこで「芸術の秋」ゆえに、音楽の話題をひとつ皆様にお届けしたいと思います。

令和2年9月28日、たちばなの里では、当法人職員によるコンサートを開催致しました。今回もコロナ対策としてご利用者様同士の隣接はソーシャルディスタンスを確保し演奏会に参加致しました。

 

演奏者の紹介が始まると盛大な拍手が起こります。曲目は上を向いて歩こう!赤とんぼ、青い山脈、風と共に去りぬ…と誰もが知っている懐かしいあの名曲ばかり!演奏中はその歌声と音色に皆様静かに聴き惚れており、ソプラノ、テノールの美しいデュエット、まるで指揮者のように直接楽器に触れずに音を繰り出すテルミン、管楽器の王様サックスとキーボードとの柔和な響き・・・と、様々な楽器を聴くことが出来ました。

美しい音楽の調べと素敵なハーモニーに包まれながらうっとりした表情を浮かべるご利用者様もいれば、口ずさみ、時には大きな声で元気よく歌われているご利用者様も。「やっぱり歌はいいわねぇ。元気が出るわぁ」「知っている曲がたくさんあって一緒に歌えたの!嬉しかった!」と声があがり、アンコールはリンゴの唄!皆様コロナのことを忘れてゆったりとしたひとときを過ごされておりました。

最後の花束贈呈ではご利用者様が涙ぐみながら、演奏者の方々に感謝のお言葉を述べられており皆様満足そうな笑顔で締めくくりました。このような素晴らしい演奏を披露していただき、誠に有難う御座いました。

 

私たち、たちばなの里行事広報委員会では、引き続きこれからも皆様に楽しんで頂けるようなイベントを提供したいと一同努力していきたいと思います。次回もこうご期待!!

令和2年 10月 たちばなの里 広報班 栗田 浩平

投稿日:

対面面会の流れ

①予約について

ご家族は事前に申し込みをお願いします。都合の良い日時を調整し予約を取ります。(電話0465-44-1100)

予約のお電話は希望日の3日前までにはご連絡ください。

面会時間は15分程度でお願いします。

対面での面会をされるご家族は1名のみでお願いします。

限定期間内(10月)の対面面会において予約が重複した場合は、より多くのご家族に面会して頂く為に、初めてご利用の方を優先させて頂きます。

 

②面会当日

ご自宅を出る前に「面会者健康チェックシート」の項目を確認して頂き該当する症状が見られた時は、残念ですが面会を控えて頂きます。施設へ連絡をお願いします。

マスク着用し施設に到着後、検温、「面会者健康チェックシート」へ記入、手洗い、うがい、手指消毒を行い、所定の席でお待ちください。※体温37.0℃以上などチェックシートの記入内容によってはご面会をお断りすることもありますのでご了承願います。

差し入れ等は職員にお渡しください。終了時は事務所にお声掛け願います。

③注意点

行政からの指導や、近隣での感染状況を勘案し、再度ご面会を中止とさせていただく場合があります。

感染のリスクを踏まえ、外出・外泊は引き続き自粛していただくようお願いいたします。

ご入居者様の体調によって、急遽ご面会を中止又は延期させていただく場合がございます。

ご面会後、発熱や体調不良等ございました際は、必ず施設までご連絡を下さい。

 

いろいろ制約があり申し訳ございません。しかし、久しぶりのご面会ですので、この時間を大切に使っていただければ幸いです。大切な方の健康を一番に守っていくための対策ですので、どうかご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

生活相談員 加藤由起子・伊藤大輔