新型コロナウィルスについてのご報告

日頃より、当施設への深いご理解とご協力を頂きまして感謝申し上げます。
現在、以前とは別のフロアにて新型コロナウィルスの陽性者が発生しています。6月15日時点での経過の報告をさせて頂きます。

6月13日に多床室5階フロア内のご利用者様1名及び職員1名が陽性の反応ありました。その後、発熱やのどの痛みのあるご利用者、職員の検査を行い、6月15日時点で利用者5名、職員3名の感染が確認されています。
新たな感染が発症した際には速やかに小田原市保健福祉事務所と連絡を取り、症状や状態に合わせて医療機関に入院される方や、施設内にて中和抗体による治療を受けながら療養されるように対応しております。
県の協力でPCR検査を行う等さらなる感染拡大に繋がらない様に引き続き感染症対策を実施していきます。

ご家族の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をおかけしている状況ですが、施設職員一同、事態の収束に向けて一丸となって取り組んでいきますので引き続きご理解とご協力の程を御願い申し上げます。今後もホームページ等で情報を掲載させていただきます。

たちばなの里 施設長 加藤 洋子