投稿日:

新型コロナ感染症の状況について(第2報)

2022年4月20日付でお知らせをさせて頂きました当施設内での新型コロナ感染症の感染状況及び対応等について下記の通りお知らせ申し上げます。

4月16日(土)
派遣夜勤職員1名、陽性が判明
⇒小田原保健福祉事務所及び神奈川県報告

4月18日(月)
入居者2名、陽性が判明
⇒当日及び翌日に2名とも入院

デイサービスパート職員1名、定期のPCR検査で陽性が判明
⇒自宅療養

4月19日(火)
該当フロア入居者全員に抗原検査を実施
⇒全員陰性を確認

ショートステイ利用者が自宅にて陽性が判明
⇒入院

4月21日(木)
該当フロア入居者6名、陽性が判明
⇒1名が入院・5名が施設内療養(中和抗体カクテル療法を実施)

該当フロア職員1名、陽性が判明
⇒自宅療養

神奈川県クラスター班が来訪
⇒対応についての指導・アドバイスをいただく

4月22日(金)
該当フロア入居者4名、陽性が判明
⇒1名が入院・3名が施設内療養(中和抗体カクテル療法を実施)
⇒昨日の施設内療養者1名入院

該当フロア職員1名、陽性が判明
⇒自宅療養

【現在の状況】
入居者の感染:12名(入院5名/施設内療養7名)
ショートステイ利用者の感染:1名(入院)
職員の感染:4名(自宅療養)

 現在は、小田原保健福祉事務所及び神奈川県クラスター班の指導及びアドバイスを頂きながら対応をしております。皆様方に多大なるご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。今後も、入居者様・職員の安全確保を最優先に勤めてまいりますので何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
たちばなの里 施設長 加藤洋子