投稿日:

新年を迎えて

ご家族の皆様、新年あけましておめでとうございます。
いつも、施設運営にご協力いただきありがとうございます。
振り返れば、令和3年はコロナ一色に尽きた感がありますが、
ご家族の皆様には面会の制限や緩和の要請にも気持ちよくご理解いただき、
おかげ様でご利用者、職員共にコロナに倒れる事なく、
無事に新年を迎える事が出来ました。
本当にありがとうございます。
大切な方々の命を守る事を最優先にした決断ですが、
ご本人にとってもご家族にとってもつらい状況でしかなかったはず。
皆様の協力にただただ感謝です。

今年は寅年。「寅」という字には「まっすぐに伸ばす、引っ張る」という意味が
あり、家の中で矢を両手でまっすぐに伸ばす様子を表しているそうです。
コロナ禍でも、施設という「家」の中で、楽しみを忘れずにのびのびと
過ごしていただきたい。
職員も自分の仕事に誇りをもって真直ぐに成長してほしい。
施設長として干支の「寅」に思いを馳せました。

今年はどのような年になるのか?
コロナ対策の継続は当然の課題であり、少しずつ拡大している
オミクロン株も高齢者にとっては脅威です。
3回目のワクチン接種も準備段階に入ってきました。
如何なる状況でも「寅」のように勇猛果敢に向かっていく、
そんな気持ちが大切だと思っています。
どのような年であっても自分たちの視点はしっかりとぶれないようにしていきたい。

ご利用者の皆さんの毎日が明るく、安心できるものでありますように。
職員一同、この思いを胸に新しい年を歩んで参ります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2022年1月
たちばなの里 施設長
加藤 洋子