新型コロナウイルス感染者発生に関するお知らせ(第4報)

日頃より、当施設の運営につきまして皆様のご理解とご協力を賜り誠に有難うございます。

第3報(8月9日付け)以降の新型コロナウイルス感染症の感染状況について経過をお知らせいたします。

8月7日以降、入居者様については新型コロナの症状を呈して検査に至る方はいらっしゃいませんでした。職員については6日と9日に発熱等の症状があり自宅待機中の3名が10日の抗原定性検査で陽性が判明いたしました。

また、前報でお知らせいたしましたように、県の行政機関の勧めで、該当部署(2丁目)の非感染入居者様及び介護職員と看護職員を対象にPCR 検査を行いました。検査時の身体状況は、全員が発熱や咳などの症状のない、いわゆる無症状の状態でしたが、昨夕18時に結果がわかりました。残念ながら入居者様4名の陽性が確認されております。職員の陽性者はおりませんでした。4名の入居者様は今のところ落ち着かれておりますが、観察を密にして症状の発現には速やかな対応をしていく所存です。

12日現在の感染状況は、入居者様15名(うち1名はお看取りでご逝去)、職員9名(うち2名は家庭内感染)となっております。尚、本日までで入居者様1名、職員3名が療養期間を終了しております。感染された入居者様につきましては、個室で過ごしていただくなどの感染対策をとらせていただきながら、医療機関に入院されることなく経過しております。

入居者・ご家族の皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳なく思っております。施設としましても一日も早く平穏な日常が取り戻せるように、引き続き嘱託医師、行政各機関と連携し、アドバイスを受けながら職員一丸となって感染の拡大防止に努めて参りますのでご協力の程よろしくお願い申し上げます。

今後、状況に変化などがありましたら、改めてお知らせいたします。また、ご不明なことがありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

どうぞ、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

2022年8月12日

ジョイヴィレッジ

施設長 熊谷久子